[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


未来なんてどんどん変わるから

リデットエンターテインメントのブログをご覧いただきありがとうございます。

経理部 星野です。

日頃よりご愛顧頂いておりますクライアント様、協力会社様、

関わるすべての皆様に感謝申しあげます。

 

令和2年4月7日に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言出され、

4月16日に全都道府県に拡大されました。

日常生活が大きく変わり、病に苦しんでいる人が多くなり、悲しいニュースが流れています。

不要不急の外出を自粛し、社会人の方々は慣れないリモートワークや、自宅待機、

仕事ができない方もいらっしゃったと思います。

学生の皆様は学校に通えず、学習も進まず、友達にも会えず不安に過ごされたと思います。

ストレスを抱えている方もたくさんおられると思います。

 

そんな中、4月29日、朝日新聞朝刊の新聞広告に

「ドラえもんからのメッセージ」が掲載されました。

 

(画像元)ドラえもんチャンネル「STAY HOMEプロジェクト」より

 

 

22世紀の未来からきたドラえもんだからこそ伝えられるメッセージは、

紙面は新聞読者だけにとどまらず、SNSでも拡散されました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための行動を取り、

この事態に対応するすべての人たちに向けた「だいじょうぶ。未来は元気だよ。」という言葉に、

「感動した」などたくさんの反響があったそうです。

自粛して、我慢して頑張っている、世界中の人々を思い私もうるっときてしまいました。

 

新型コロナウイルスと闘っている医療従事者の方々、支援をされている方々、

インターネットショッピングが増え、大変な中でも配達してくれる方々など、

行動して下さってる方に感謝をし、あたたかい気持ちや支え合う気持ちを忘れず、

「思いやる心」「未来を信じる気持ち」を改めて強くもっていようと思いました。

 

ドラえもんの名言に「未来なんてちょっとしたはずみでどんどん変わるから」と

いう言葉があります。

ひとりひとりの少しの思いやりが、いつか日常を取り戻し、未来へと繋がっていくよ!と

ドラえもんから勇気をもらえたような気持ちになりました。

まだまだ、本当に安心できる状況ではありませんが、未来に向かって一緒に頑張っていきましょう!

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。



メッセージを送る相手は同じ人間

リデットエンターテインメントブログをご覧の皆様、こんにちは。

映像事業部の高垣です。今回3回目のブログを執筆させて頂きます。

クライアント様、協力会社様、また各関係者の方々皆様にこの場をお借りして御礼を申し上げます。

緊急事態宣言は解除されましたが、まだコロナウィルスの脅威が解決されてはおりません。

引き続き、感染しないそして感染させないの気持ちを忘れない生活を意識します。

 

 

さて、近年、誹謗中傷の文章による悲しい事件が度々報道されます。

これを受けて、Facebook Japan, Twitter Japan, ByteDance, LINEなどのネット事業者が参加する

ソーシャルメディア利用環境整備機構(SMAJ)が、名誉毀損や侮辱などを意図する投稿に関する

声明を発表しました。(Yahoo!Japan news調べ)

 

私達が子供のころは、誰かにメッセージを送るというものは手紙を書くくらいのものでしたが、

ネット環境が整っている現代では、メッセージのやり取りはメールやSNS等がほとんどです。

コロナウィルス感染予防のための自粛期間で、テレワークはじめ、より多くの人が文字による

メッセージ利用する、閲覧する機会が増えたかと思います。

 

私も仕事のメールで、強い印象を持たれてしまう文章を書いてしまうことがあります。

ついやってしまったと後から後悔することもあります。

対面して言葉を交わしていたらカバーできる会話でも、メールという環境では取り返しのつかない

言葉や状況になります。

自分では簡単な文章でも、相手にとっては深く傷ついてしまうような事があるのかもしれないと

誹謗中傷の文章に関係するニュースを見るたび気づかされます。

以前のブログで書かせていただきましたが、弊社では「いつも本当にありがとうございます」という

一文がメール等文章を利用する場面で多くやり取りされています。

弊社代表を始め、社員全員が、相手の立場で想像して、いつも感謝を忘れず、という気持ちでおります。

 

映像事業部におきましても、相手の立場でソーシャルメディアを利用する事を今一度意識し、

時代に求められる更なる活用を行ってゆきます。



家にいるからこそ

皆様こんにちは。リデットエンターテインメントクリエイティブ統括部上田です。

 

さて、私はリモートワークが始まり約2ヶ月が経ち、家での業務にも慣れてきました。

非常事態宣言のこともあり私は買い物を最小限に抑えネット通販で過ごしています。

 

ただここで問題になってくるのが運動不足です。

私は週に1回必ずフラダンス教室に行っていましたが、非常事態宣言後は教室全体も

感染予防のため休業となっております。

 

元々運動不足だった私が更に運動不足に…というのを避けるためにリモートワークの

がはじまってから、終業後は必ず30分の汗を少し程度の運動を始めました。

(ちなみにリングフィットアドベンチャーというゲームで運動してます)

 

仕事上ずっと同じ体勢で座っていることが多いので一日の終わりに体をほぐせますし

なんといってもダイエットにもなります!

最初は運動不足解消のために始めていたのですが、

今は目標を立てて自分はどうなりたいかという具体的な内容を決めて運動しています。

 

家にいるからこそ積極的に体を動かしたり、運動ではなくても目標を立てて達成する

ために行動してみるというのもいいかもしれませんね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。



非常識が常識に

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

いつも当社のブログに目を通してくださり、誠にありがとうございます。

SPコンサルティング事業部の幸村(コウムラ)です。

 

改めまして、日頃からご愛顧頂いているクライアント様、ご協力頂いている協力会社様、

関わる全ての皆様にこの場をお借りして心より感謝と御礼を申し上げます。

 

現在のコロナ禍において、ブログをご覧頂いている皆様もリモートワークやステイホームを

余儀なくされているかと存じます。

5月14日(木)39県における緊急事態宣言の解除、21(木)には

大阪、京都、兵庫の3府県も解除されました。また、25(月)には全国的に解除の見通しとなっております。

例外ではなく業界におきましても数多くのホール様が営業を再開し始めています。

 

無論マスク着用や、お客様への検温、消毒の徹底、空調管理により感染リスクを極力減らしたうえで、

お客様に安心してご遊技いただく環境づくりというのが全てのホール様にとって必要不可欠となります。

基本的にホール内におきまして、お客様は台に向かいあっており、人と会話することは少なく、

また4月から完全分煙となり、元々エアリフレッシャーの設置や空気の循環機能に力をいれており換気は

得意分野と認識しております。

感染された方が気付かずに遊技をされていた例はありましたが、今現在でクラスター化したホール様は

確認されておりません。

「パチンコ店でのクラスター発生事例はなかった」という謝罪も記憶に新しいですね。

 

しかしながら勿論まだまだ油断できる状況にはありません。

だからこそお客様に安心してご遊技頂くために今後何に取り組んでいくのかがとても重要になると考えます。

台数の多さや、玉積みによる出玉感、豊富な遊技レート、最新台を最速で導入するといった従来の訴求常識が

非常識になり、密を避けるために1台おきの台の停止や、入場抽選のオンライン化、一部ではなく全台での

各台計数、スロットコーナーにおけるパーテーション全台設備等々、今までではあまり考えられてこなかった

訴求が主流になるかもしれません。

 

しばらくの間は「コロナとの共存」すなわちウィズコロナの考え方があらゆる業種において必要となります。

今までの常識が非常識となり、非常識が常識になり得る何が起こってもおかしくない期間だからこそ

当社では臨機応変に、柔軟に、スピード感をもって、しっかりとクライアント様が収益向上、ブランド向上、

競合他社に勝利することに全力で邁進、貢献して参ります。

 

今後とも末永く、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。



「自己プロデュース力」を鍛える

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

日頃よりご発注を頂いておりますクライアント様、お世話になっております協力会社様、

関わる全ての皆様に、この場を借りて、改めて厚く御礼申し上げます。

 

東京本社クリエイティブ統括部の武田です。

 

前回のブログでは仕事で高いパフォーマンスを発揮するために最も重要なことは「心と体の健康」であり、

その具体的な取り組みと効果、成果をお知らせしたいと綴りました。

 

 

・喫煙習慣

 取り組み 禁煙 

 効果   寝覚めが良い、全ての食べ物が美味しく感じる
 

・食生活

 取り組み 糖質制限、水を1ℓ以上/日摂取、アルコールを飲むときは同じ量の水を飲む

 効果   下腹がヘコんだ(気がします)、体重変化なし

 

・運動

 取り組み 特になし

 効果   特になし

 

 

 

結果、術後1ヶ月は運動が禁止されたこともあり体重や体脂肪率など

わかりやすい定量的な効果、成果は特にありませんでしたが

寝覚めが良くなったり、食物の旨味が増したことは心の健康に寄与しています。

多少なりとも次に繋がる変化が見えたことで、活動が限定されているなかでも

考え方や行動の仕方によって、まだまだ成長することができるという気付きを得ました。

 

また、普段会社の仲間にもらう刺激や教授も無い人に会えない状態のなかでは

自分で自分を分析し、何が足りなくて何を足すかという「自己プロデュース力」が

必須なのだと改めて感じています。


 

「健康」を促進し、「自己プロデュース力」を鍛える

 

今のSTAY HOMEの状況は、自己のパフォーマンス力を向上させる絶好の機会であるとともに

各クライアント様におかれましても、競合他社と差別化を図る絶好の機会です。

 

リデットエンターテインメントでは全社員でこの苦難を共有し、乗り越えて、

自粛前と変わらない安心と変化した新しい価値をクライアントの皆様にご提供させて頂きますので

引き続き、何卒宜しくお願い申し上げます。


 

いつも本当にありがとうございます。



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg