デザインと生

弊社ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。 

この場をお借りしまして、リデットエンターテインメントに関わってくださる全ての皆様へ、 心より感謝申し上げます。

東京本社クリエイティブ統括部の崔です。

 

今回は、私が1年間デザイナーとして感じたことを述べたいと思います。

 

タイトルのように『デザインと生』を一緒に置いて考えることは何か大げさのようですが、

作る側として、見る側との関係を考えると、ただの生計手段ではないと思うことがあります。

時間が経ては経つほど、デザインは造形的な感覚だけに依存できないと感じることが多いです。

良いデザインのために合理的思考や問題解決能力などが必要であることを知り、

自然にデザインの役割について悩む時間も増え、

道を歩いても様々なデザインを見過ごせないほど自分の生活とデザインが関係していることに気がつきました。

 

また、良いデザインをしたい欲望があるが、これにする基準と意味が異なるし、

何を志向するかにじて設計する容、視的に表現する方法などが異なるため、

一つの基準でデザインを評するのはとても難しいことだと思いました。

私の周りには様々な役割のデザインが存在しています。

それらが異なるように、周りの多様な仲間たちとの生活の中で成長をけ、より自分を向上していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

引き続き、リデットエンターテインメントをよろしくお願い致します。

 

| - | 00:00 |

目標

弊社のブログをご覧いただきありがとうございます。
東京本社クリエイティブ統括部の村田です。

日頃よりお世話になっておりますクライアント様、並びに協力会社様に、
この場をお借りして感謝を申し上げます。いつも誠にありがとうございます。

 

さて、年が明けてからもう二ヶ月が経ちました。今更ながらですが今年の抱負といいますか、目標を決めました。

それは「しっかり寝ること」です。

そんなこと?と思う方もいらっしゃると思いますが、

仕事も私生活も、何事も小さいことからコツコツと積み上げることも大事なんじゃないかと思います。

昨年は何時間寝ればいいかな、といった曖昧で不規則な時間に寝ていたのですが、

しっかりとこの時間までには寝る!といった目標を立てることで、

自由な時間の中でも無駄な時間が減ってやりたいことができたり、

何より日中格段に疲れにくく、作業効率もアップしました。

好きに使える時間とは時間経過が早いもので睡眠、

休息が二の次になりがちですが、無意識に働き続けている体のケアも

とても大事なことだと身をもって知りました。

これからお布団が気持ちよくなる春の季節に向かうので是非皆様も十分な睡眠をとってみてはいかがでしょうか。

 

そして今はインフルエンザが流行っております、

今年は軽い咳、微熱止まりの強い症状が出ない「隠れインフルエンザ」といった名前で広まっており、

インフルエンザの感染に気付かずに過ごすことで周囲への感染が

急速に広がっているといった見解が出されています。

手洗いうがいといった予防を徹底してまいりましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
今後ともリデットエンターテインメントをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

| - | 00:00 |

精神的向上心

リデットエンターテイメント株式会社のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

福岡営業所SPコンサルティング事業部の白水(しろうず)です。

 

日頃より関わりを頂いているクライアント様、協力会社様、

全ての皆様にまずこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

気がつけば2月。もう少しで私が入社して1年が経とうとしており、時の流れる早さに驚かされます。

このブログの執筆を機に、入社してからどのような変化があったのか改めて考えてみましたが、

通勤時間の過ごし方が大きく変わったことに気がつきました。

入社初期は昨日の仕事を振り返える、本を読むなどに殆どの時間を費やしていましたが、

現在は好きな音楽を聴きながら目を閉じていたり、スマホをいじったりしている時間が多くなっております。

時間が経ち生活に慣れるにつれ、当時思い描いていたなりたい自分への意識が薄れている証拠です。

 

小説家である村上龍氏の作品の中に、こんな台詞がありました。

 

「自分の欲しいものが何か分かっていない奴は、その欲しいものを手に入れることができない」

 

まさにこの通りで、なりたい自分や叶えたい目標が曖昧になった時点で達成は不可能です。

 

新しい環境や生活に慣れた時、物事に追われている時、

改めて初心に帰り「自分の欲しいもの」を見つめてみては如何でしょうか。

きっと皆様それぞれの"幸せ"に繋がるはずです。

私も心を新たに、目標にに向かって全力で邁進し、多くの幸せを生み出して行きたいと思います。

 

最後までお目通し頂き、誠にありがとうございます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

| - | 11:13 |

店員との会話

リデットエンターテイメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

この場をお借りしまして、日頃よりお世話になっておりますクライアント様、

並びに協力会社様、すべての皆様に感謝を申し上げます。

 

静岡営業所クリエイティブ統括部の本間と申します。

 

突然ですが、皆様は店員と会話することは好きでしょうか?

例えば服屋、カフェ、居酒屋、美容院など

お店のジャンルは問いません。

私の勝手なイメージなのかもしれませんが、

店員と会話することが苦手という人が多いように感じます。

苦手とまではいかなくても、会話する必要がないという人もいると思います。

 

しかし私は、店員との会話を積極的にすることをオススメします。

私は店員と会話することが好きです。

理由は、自分とは違うジャンルの人達と会話できるチャンスであり、

その結果自分の世界が広がるからです。

 

例えば服屋の店員に「明日名古屋に遊びに行くからお出かけ用の服を買いたい」と

相談したところ、今流行りの柄や服の形、選んだ服に似合う靴などを

教えていただきました。自分一人で探してしまうと、中々冒険した服を買えませんが、

店員のアドバイスで今まで着たことのない服を着ることができ、

新しい自分に出会うことができます。

そのままさらに会話が弾み、名古屋のオススメスポットを教えて頂いたこともあります。

小さなことですが、その結果楽しい名古屋観光をすることができました。

 

他にも私の友人の、そのまた友人のお話ですが

初めて入ったバーが気に入ったら、

そこの店員と会話をして仲良くなるそうです。

そしてオススメの飲み屋を教えてもらいます。

すると絶対にハズレがないそうです。

オススメの飲み屋に行けば、またそこの店員から

オススメの飲み屋を教えてもらうといった感じで芋づる式に

いいお店と人にたくさん巡り会えるという話を聴きました。

 

大人になりますと、新しい出会いを見つけることは中々困難であると感じます。

その中で店員は、とても身近な新しい出会いだと思っています。

店員はとてもフレンドリーに会話してくれますので、怖がる必要もありません。

そして店員との会話を積極的にしていくことで

その他の初対面の人との会話がスムーズにいくようになります。

 

世の中には自分の知らない新しい世界がたくさんあります。

それを知らないよりは知っていく方が楽しい上に、

自分のためになるのではないかと思います。

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

今後とも、リデットエンターテインメントをよろしくお願い申し上げます。

| - | 00:00 |

人生の讃美歌

クライアントの皆様、日頃から弊社と関わって下さる全ての方々に改めまして御礼申し上げます。

静岡・福岡両営業所 統括 久保田です。

いつも本当にありがとうございます。今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

私の趣味の一つに、「高級料理店で美味い食事を楽しむ」ことがあります。

私自身、格闘技を嗜む関係で酒もタバコもやりませんので、

その分お金を「飲食」にかけることが多いのが現状です。

フランス、中華、懐石、イタリアなど、

様々な高級レストランでの食事を週替わりで楽しませて頂いております。

時期によっては、店でバイオリンやチェロの演奏者を呼ぶ場合もある為、食事を楽しみながら、

簡易的なオーケストラを鑑賞できることもあります。

 

その中でも特に気に入っておりますのが「鉄板焼」です。

質の高い黒毛和牛の味も絶品ですが、生きたロブスターや伊勢海老を、

その場で丸焼きにして豪勢に食すのもまた一興。

さらにはスタッフのサービスも細やかに行き届いており、良質な食事に華を添えます。

まだ数回しか訪れていない店舗でも、こちらの顔が覚えられており

「いつもありがとうございます」といった挨拶をされることが多く、ちょっとしたセレブ気分も味わえます。

 

「家賃が高い家に住むことにより、

必然的にそこに相応しいグレードや収入を得られる人間に進化成長する」という巷で言われる説と同じように、

私にとって高級レストランでの食事は、自身のモチベーションを高める要素の一つです。

 

一流の格闘家同士が最高峰の技術をもって自らの肉体と魂を削り合い、

血を流し、骨が折れても闘い続けるその姿を楽しみ、堪能するのと同様に、

一流の店舗で一流のスタッフにサービスを受け、

気の置けない人間と一流の食事を味わうのは、まさに「至福の時」。

 

このような経験が日常的にできるのも、すべてはリデットエンターテインメントに入社させて頂き、

日々進化成長させて頂いているおかげであると実感しております。

1人1万円以上する良質な食事を、特別な日でもないのに日常的に楽しめる。

そのような収入を得られる人間になるための土壌が、リデットエンターテインメントにはあります。

 

私は質の高い格闘技の試合は勿論ですが、

美味い肉、美味い食事も自身の人生を彩る讃美歌の一つだと考えております。

 

そして当社におきましては飲食事業と致しまして、当社の取締役会長を務め、

超一流のプロレスラーでもある長州力氏の名を冠した『お肉酒場GINZA-TEI with長州力』(https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13224455/)、

さらには『洋食酒場GINZA-TEI』

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13167016/)が好評展開中であります。

特に『お肉酒場GINZA-TEI』では長州力氏が来店する日も御座いますので、

宜しければ長州力氏のブログ(https://ameblo.jp/rikichoshu/)もチェックしてくださいませ。

一流のスタッフが提供する良質な食事と共に、有意義なお時間をお過ごし頂ければ幸いです。

 

私も引き続き、関わってくださる皆様に感謝し、

クライアント様のため、リデットエンターテインメントのため、

少ない時間で大きく稼げる、自分に厳しく他者に優しい

インテリジェントでクリエーティビティーな人材への加速的進化成長を、

全身全霊をもって実践してまいります。

 

皆様にも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

| - | 00:00 |
parts_1.jpg

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
parts_2.jpg

parts_3.jpg

parts_4.jpg

parts_5.jpg

リデットエンターテインメントの内部を解き明かす
社員ブログ。

リデットエンターテインメントとは
どのような会社なのか。
経営陣から新入社員まで幅広く
リデットエンターテインメントの魅力や
日々の思いを発信して行きます。
基本的に毎週火・金曜日更新。