[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


サウナ

リデットエンターテインメントのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

東京本社 クリエイティブ統括部の牧野です。

今回で2回目の執筆となります。

 

日頃より関らせて頂いているクライアント様、協力会社様、

全ての皆様にこの場をお借りして感謝を申し上げます。

 

突然ですが、皆様サウナはお好きでしょうか。

私は1年ほど前からサウナにはまっておりまして、今では毎週足を運んでいます。

 

サウナは体を温めることにより血液やリンパの流れを活性化し、

肩こり腰痛の改善、疲労回復、免疫力アップ、美肌、自律神経の正常化

などの効果が期待できると言われています。

 

中でも私がサウナの魅力だと思うのはそのリラックス効果です。

サウナ好き(通称サウナー)の間ではサウナに入ることにより得られる深いリラックス状態を

「ととのう」といったりもします。これがなんとも気持ち良く、多くの人を虜にして

今、若い人の間でサウナブームが起こっています。

 

サウナの一般的に良いと言われている入り方は

.汽Ε覆蚤里魏垢瓩襦(5~12分程度)

⊃緝呂に入る(1分程度)

5抃討垢

を1セットとして3回ほど繰り返すことです。

(これはあくまで目安であり、無理に我慢して入る必要はありませんし、入り方は人それぞれです。)

これにより血管が拡張、収縮を繰り返し全身に血液が行き渡ります。

 

その中で脳に酸素が行き渡り、脳内でセロトニン、オキシトシンが分泌され深いリラックス状態になれるそうです。

これは瞑想状態やランナーズハイに近いとも言われています。

実際私はサウナに入ることで筋肉がほぐれ、非常に深く呼吸できるようになり、身体が軽くなるような感覚を味わいます。

その感覚は言葉では表せません。

また、一人でサウナに入ることでスマホから解放され

考え事に集中し、自分を見つめ直したり、何かのアイディアをひらめくための良い機会にもなっていると思います。

入った後は心も体も元気になり頭もシャキッとします。

 

ところで、私はハマる前はサウナに全く興味がありませんでした。

銭湯などでサウナがあっても、あんなに熱いところに好き好んで入る人の気が知れないと思っていました。

そんな過去の私がサウナに入ってみようと思ったきっかけは、サウナをテーマにしたある漫画を読んだことです。

 

その漫画で描かれていた「ととのう」時の絵が非常に強烈に気持ちよさそうに表現されており、

「こんな感覚を自分も味わって見たい!」と思い、それまで暑苦しいとさえ思っていた

サウナに挑戦してみた結果、見事にハマってしまいました。

また、その漫画ではサウナの入り方をやさしく解説していたため、なんとなく感じていた入りづらさを

解消してくれたのも大きいと思います。

 

先ほどサウナの感覚を「言葉では言い表せない」と書きましたが、

そういった言葉にできない感覚や気持ちを他者に伝えるために効果的な手段が

グラフィックによる表現であると思います。私が漫画で感じたように、

視覚情報は時に言葉よりも強烈な印象を与えます。

 

 

私たちグラフィックデザイナーの仕事はクライアントのメッセージや魅力を

視覚的なデザインによって見た人の心に届けることです。

私がそれまで興味のなかったサウナに、漫画の絵をきっかけにハマったように、

グラフィック表現には非常に強い力があると思います。

 

これからも人の心に届き、行動を起こさせるためのデザインを追求することで

クライアントのお役に立てる仕事をしていこうと思います。

 

また自分自身も、サウナにハマる経験を経て、なんとなく興味のないものでも

食わず嫌いせずに挑戦することでその後の自分を変えるようなものに出会えると強く思いました。

これからも何事にも積極的にチャレンジして自分の世界を広げていきたいと思います。

 

サウナはあまり入ったことがないという方も、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 



シロクマを想像しないでください

いつもリデットエンターテインメントのブログをご覧頂きありがとうございます。

日頃より関わってくださる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

いつも大変お世話になります。クリエイティブ統括部の井田です。

 

 

前回10月15日のブログでミスについて書きました。

その続きになります。

 

「●●を想像しないでください。」と言われると

かえって想像してしまう。

 

「何かを考えないように努力すればするほど、かえってそのことが頭から離れなくなる」という現象。

この現象のことを「皮肉過程理論」と言うそうです。

 

アメリカの心理学者であるダニエル・ウェグナーさんが提唱した理論で、

「シロクマの事を想像しないでください」というワードで「シロクマ実験」という名前でも有名です。

詳しくは検索してみてください。

 

 

前回のブログで「●●をしないでください」と、

否定語を使うことで否定したかったイメージが

強まってしまい失敗を誘発してしまう。

 

「ミスをしないように」と意識するとミスをしてしまう

 

と書きました。

 

 

 

 

皮肉過程理論の調べてみると、いくつかの記事で、

 

ウェイターさんが「トレイをひっくり返さないように」と

意識するとシャツを汚す確率があがる

 

といったものがありましたので、前回のブログに書いた

 

小さい子供に【落とさないで】や【転ばないで】など、

否定語で注意を促すと失敗する確率が上がってしまう

 

などのミスにつながるという事は正しそうです。

 

 

ただ、ほとんどの記事が

 

「トレイをひっくり返さない」

「転ばない」

「落とさない」

 

など動作に影響が出るものでした。

 

その他には

 

「ダイエット中なので食べすぎてはいけない」

「禁煙中なのでタバコを吸ってはいけない」

 

「●●してはいけない」と考えてしまった結果、

誘惑に負けるといったもの。

 

 

ミスといっても色々なミスがあります。

全てのミス・トラブルに影響が出るとも限りませんが、

 

前回のブログにも書きました、

【落とさないで】は【しっかり持って】

【転ばないで】は【足元に気をつけて】

など否定語ではなくやってほしい行動に言い換える事、

【ミスをしないように】をできるだけ具体的に

やってほしい・やりたい方向に向けた言葉・思考に変える事が、

改めて有効といえるかもしれません。

 

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

今後ともリデットエンターテインメントを何卒宜しくお願い致します。



感想は「体が熱い」

リデットエンターテインメントに、関わってくださっている全ての皆様、

いつも本当にありがとうございます。

SPコンサルティング事業 浅川美智代です。

 

前回のブログでプロレスリングNOHAについて記させて頂きました。

まだご一読いただいていない方は、是非下記よりご確認頂けますと嬉しいです。

http://blog.lidet.co.jp/?day=20191011

 

先日、プロレスをみるのが初体験の方をいきなり生観戦にお誘いし、ご一緒いたしました。

最初は、場外乱闘で選手が近づいて、観戦しているお客様が逃げることに、やや驚かれているようでした。

私は逃げることも楽しんでおり、選手が場外乱闘で近づいた際には、もちろん一緒に逃げておりました。

選手が場外で戦う、プロレスならではの状況に困惑されているように見えましたが、

最後には、場外乱闘になったのに、こちら側に来ない、逃げたかったと、

観戦序盤とは真逆な感想を頂きました。

そして、メインの試合後、生プロレス初観戦の感想は、

「経験せずに人生を終えずによかった!!」

「体が熱いです!!」とのことでした。

そうなんです、生で選手が戦っている姿をみて、ぶつかり合う音を体で感じて、

応援しているファンの皆様の歓声をうけて、様々な感情が自分自身から湧き出てきます。

熱くなるのは、心がでしょ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

「体が熱くなる」のです。

 

プロレス初観戦で、しかもいきなり会場でご一緒したので、楽しんでもらえるといいな、

と思っておりましたが、私の想像以上に楽しんで頂け、

やっぱりプロレスって多くの人の心を掴むな、と大変嬉しく、

私自身、プロレス観戦でも熱くなり、

プロレス初観戦の方の「体が熱いです」という言葉でも熱くなりました。

 

ただ見ていないだけで、潜在的なプロレスファンは多いと私は思っております。

是非、一度プロレス生観戦を体験していただけると幸いです。

 

NOAHでは、年末から年始にかけて大会目白押しですので、ぜひぜひチェック頂き、

ご来場いただけますと、大変嬉しいです!

●12月27日(金)  https://www.noah.co.jp/headlines/date/2019-12-27/

●1月4日(土)  https://www.noah.co.jp/headlines/date/2020-01-04/

●1月5日(日)  https://www.noah.co.jp/headlines/date/2020-01-05/

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

 

 

最後までご覧頂きまして、心より感謝申し上げます。

今後とも、強烈に日々努力してまいりますので、

リデットエンターテインメントとプロレスリング・ノアを

ご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。



臨機応変に

いつもリデットエンターテインメントのブログをご覧いただきありがとうございます。

カスタマーサポート事業部の大橋と申します。

 

また、この場をお借りして、日頃より弊社と関わって下さっている皆様に深謝申し上げます。

 

私の業務は主に、折込チラシやDMなどの発注をしております。

そこで前もってスケジュールを確認しておく必要があり、

先日、来年のスケジュールを弊社のシステムに登録する為カレンダーを確認しておりましたら、

10月に祝日がないことに気づきました。

10月の祝日と言えば、「体育の日」ですが、

来年は、東京オリンピック・パラリンピックの円滑な準備及び運営に資するため2020年に限り、

「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられたそうです。

 

「海の日」は7月の第3月曜日 → 7月23日

「山の日」は8月11日 → 8月10日、

「体育の日」は、10月の第2月曜日 → 7月24日

※2020年以降は「スポーツの日」と名称も変わるそうです。

 

「海の日」、「山の日」の変更は、さほど驚きはありませんでしたが、

「体育の日(スポーツの日)」の変更には驚ました。昔からある祝日でしたし・・・。

今年(2019年)も今年だけの祝日がありました。

「今まではこうだったから」などという考えは良くないなあと思いました。

「臨機応変な対応!!」  大事ですね。

 

そして、オリンピック開催に向け、様々な規制が始まります。

これを弊社では、ピンチと思わずチャンスに変えるよう柔軟なご提案・対応を心がけたいと思います。

 

まもなく12月に入ります。

本格的な寒さに向かう時節、風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

元気にオリンピックYEARを迎えられるようお祈り申し上げます。



Tokyo Motor Show

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

東京本社 クリエイティブ統括部のスバースです。

 

弊社ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

常日頃からお世話になっているクライアント様、協力会社様、

そしてリデットエンターテインメントに関わりいただいております全ての皆様へ

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

今回で2回目の執筆となります。

 

先月行われた東京モーターショー観に行った方いらっしゃいますか?

 

車大好きな私が今回初めて東京モーターショーをみに行きました。今回名前は

「OPEN FUTURE TOKYO MOTOR SHOW」

だったのでなんで未来の事書いてあるんだろうと考えて中に入ったんですが

入ったらすぐその理由を分かってしまいました。

 

コンセプト車が多くてタイムスリップして未来に入ったような感じがしました。

車だけではなく流れてる音楽なども未来的な感じがしました。流れてる動画はすごくカッコよくて

お客様の心を奪おうとしていました。

時代が変わるのはすごく早いという事がわかりました。

 

人間のせいで環境がだんだん悪くなってる時に技術を使って

電池で走れる車があるのは素晴らしい事だと思ってます。

車だけではなくバイク、車椅子などもありました。すごくカッコよかったけど高そうでした。

もちろん今でも沢山電気で走れる車が有るのはすごくありがたい事だと思います。

これからも環境の事考える人たちが増えていくと思っています。

 

コンセプト車だけではなく普通の車とバイクも色々ありました。一番長く時間を過ごしたのはバイクの所でした。

バイクの種類も多くてカッコいいバイク沢山ありました。

電気で走れるバイクも少し出てるんですけどこれからもっと増えて行くかもしれないです。

 

変ってる時代に合せて私たちも変らなければなりません。

デザイナーとしても関わる全ての人をもっともっと幸せになるように頑張って行きたいと思っています。

新しいデザインなど色々勉強しながら頑張りたいと思っています。

 

最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

 



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg