[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< リフレッシュ | main | なぜ自分がお金を払って良かったと感じたのか >>
親の鏡

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

クリエィティブ統括部の河原塚です。

 

約4年ぶりの執筆となります。

 

日頃よりご愛顧頂いておりますクライアント様、協力会社様、

そして関わる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

この4年間で私は、2児の父親となりました。

こうして父親となる喜びを感じられるのも

ひとえに関わる全ての皆様のおかげです。

 

まだ幼い子供達と接していると

自分が子供達から学ぶことが沢山あることに気づかされます。

 

特に感じることは子供は親の鏡であり、親の態度を良く見ていることです。

自分が子供に怠慢に接すると、子供も自分に怠慢に接するようになります。

また自分が汚い言葉を使うと、子供も汚い言葉を使うようになります。

 

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉がありますが、

子供を立派な人間に育てたいと思うのであれば、

自分も立派な人間になることが大切だということを知りました。

 

子供が生まれるまではリビングで寝転がり、気が向いた時にゲームをやり、

お菓子やジュースを食べていた生活でしたが、

今となってはそんな所を子供達の前にみせられません。

親としての信頼関係が無くなってしまうでしょう。

 

 

この教訓は当社の経営理念

「関わる全ての人々を幸せにする経営」や

「インテリジェントでクリエーティビティーな人格者の育成」に通ずるものがあります。

私が「インテリジェントでクリエーティビティーな人格者」になれば、

私に関わる人々が「インテリジェントでクリエーティビティーな人格者」に変わる可能性があります。

それを当社に関わる全ての人々がしていけば、皆が進化成長していけます。

それはまさに「関わる全ての人々が幸せになる」ということでしょう。


 

子供達を育てることで、自分が子供達から育てられ成長し

そして幸せに近づいていることを実感します。

生活の中で制約はあるけれど、子供達が成長していく姿を見られるのは掛け替えのない幸せです。

そして日々、私を人格者として成長させてくれている子供達に感謝致します。



CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg