[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< 熱中症から人々を救え・・・!? | main | 気持ちの継続=努力の継続 >>
勝負手

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

クリエイティブ統括部の野崎です。

日頃よりご愛顧頂いておりますクライアント様、協力会社様、

そして関わる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

私は将棋にはあまり興味がなかったのですが

史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太七段の活躍がきっかけでよく観るようになりました。

将棋を指す方ではなく観るのが専門であり、いわゆる“観る将”ってやつです。

 

初めの頃は藤井君が目当てだったのですが、

2日間かけての長丁場、または持ち時間を使い切り

次の一手を1分以内で指さなければならない切迫した状況だったりと

極限状態の一手一手にはさまざまなドラマが生まれ、

気が付いたら引き込まれていました。

 

将棋を観ていく中で

将棋とAIが密接な関係であることも知りました。

 

将棋中継を観ていると、リアルタイムでどちらが有利か不利かの

形勢判断を数値で表す場合があります。

この数値は膨大な過去の対局データから将棋ソフトのAIが分析して表示しています。

さらに、以前はプロ棋士vs将棋ソフトの大会も度々行われてきました。

(現在は当時の名人が将棋ソフトに連敗してからは行われていません。)

 

最近の将棋界ではAIの進化と共に

プロ棋士の将棋研究にも変化が起きています。

今までは人間対AIという対立構造で捉えていたのが

AIならではの発想やアイデアを学び、人間なりに理解して

吸収していこうという流れになりつつあります。

ちなみに藤井君も現在の名人もAIを将棋の研究に取り入れていると言われています。

 

しかし、実戦でAIが出した答えの通りに指せば

勝てるかというとそうではないそうです。

実際には人間対人間の勝負なので意外性や意表を突いたりと

初めて見る局面もたくさん出てくるので

そこでは人間の感性や知識、経験で対処しなければなりません。

AI=正しいと思いがちですが、万能ではないのです。

 

AIと人間が今後どのように付き合って行くべきか

もしかしたら将棋界にはヒントが隠されているかもしれませんね。

 

私もお客様の収益に繋がる「勝負手」を打てるように

AIの良さを学び、過信せず、人間だからこそできる部分を磨こうと思いました。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

今後とも何卒宜しくお願い致します。



CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg