[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< ワクワクが止まらない | main | 10代のスーパーヒーロー >>
コーヒー

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

SPコンサルディング事業部の明石と申します。

日頃よりご愛顧頂いておりますクライアント様、協力会社様、 そして関わる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

私、毎日コーヒーを飲むのですが 、

世間ではコーヒーは「体に良い」・「体に悪い」様々な見解があります。

 

実際に毎日コーヒーを飲むことがよくも悪くも体にどんな影響があるのか、

調べてみましたので、今回執筆をさせて頂きたく存じます。

 

【コーヒーとは】

コーヒー豆を焙焼粉砕して、通常熱水で抽出して飲用にしたもの。マメそのもの、焙焼したマメ、粉砕した粉末、抽出した液、いずれもコーヒーとよぶ。

 

出典 朝倉書店 / 栄養・生化学辞典

 

コーヒーには、カフェイン・ポリフェノール・トリゴネリン等の成分が含まれています。

 

≪効果≫

カフェイン…記憶力向上、作業効率向上、脂肪燃焼作用、疲労回復、覚醒作用、頭痛緩和、血流改善 等

ポリフェノール…脂肪の吸収抑制、発がん予防、糖尿病予防、抗酸化作用、等

トリゴネリン…脳神経細胞の活性化、痴呆改善 等

 

カフェインは脳内の中枢神経に働き、眠気を抑え、

特に作業効率を上げるメリットや、血液の流れをよくし、「筋肉の疲労物質」の「乳酸」を体内に溜まりにくくする作用があるそうです。

 

成人の場合、1日300mg程度(マグカップ3杯程度)の摂取であれば

有害な影響はないそうですが、それ以上の摂取は、人によっては急性中毒症が生じる可能性があると言われています。

 

具体的な症状といたしましては、

神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮などを起こすとされています。

また胃液の分泌が促進されることによって、「胃痛」を引き起こすこともあるそうです。

 

以上のことが、コーヒーに含まれる成分による効果でございます。   

 

1日、マグカップ3杯程度でしたら健康に害はなく、作業効率の向上や疲労回復に繋がるようです。

更に、生活習慣病の予防にもなるようで、改めて調べてみると思った以上に健康に良い事ばかりでしたので、これからも健康に影響のない範囲で、嗜もうと思います。

 

今後は是非、コーヒーの効果を意識して、より一層スピーディーに、

関わる全ての皆さまにご満足いただけるご対応、ご提案ができるよう努めて参りたいと思います。

 

最後までご覧頂き有り難うございました、今後とも当社を宜しくお願い致します。

 



CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg