[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< シロクマを想像しないでください | main | 良い関係の構築 >>
サウナ

リデットエンターテインメントのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

東京本社 クリエイティブ統括部の牧野です。

今回で2回目の執筆となります。

 

日頃より関らせて頂いているクライアント様、協力会社様、

全ての皆様にこの場をお借りして感謝を申し上げます。

 

突然ですが、皆様サウナはお好きでしょうか。

私は1年ほど前からサウナにはまっておりまして、今では毎週足を運んでいます。

 

サウナは体を温めることにより血液やリンパの流れを活性化し、

肩こり腰痛の改善、疲労回復、免疫力アップ、美肌、自律神経の正常化

などの効果が期待できると言われています。

 

中でも私がサウナの魅力だと思うのはそのリラックス効果です。

サウナ好き(通称サウナー)の間ではサウナに入ることにより得られる深いリラックス状態を

「ととのう」といったりもします。これがなんとも気持ち良く、多くの人を虜にして

今、若い人の間でサウナブームが起こっています。

 

サウナの一般的に良いと言われている入り方は

.汽Ε覆蚤里魏垢瓩襦(5~12分程度)

⊃緝呂に入る(1分程度)

5抃討垢

を1セットとして3回ほど繰り返すことです。

(これはあくまで目安であり、無理に我慢して入る必要はありませんし、入り方は人それぞれです。)

これにより血管が拡張、収縮を繰り返し全身に血液が行き渡ります。

 

その中で脳に酸素が行き渡り、脳内でセロトニン、オキシトシンが分泌され深いリラックス状態になれるそうです。

これは瞑想状態やランナーズハイに近いとも言われています。

実際私はサウナに入ることで筋肉がほぐれ、非常に深く呼吸できるようになり、身体が軽くなるような感覚を味わいます。

その感覚は言葉では表せません。

また、一人でサウナに入ることでスマホから解放され

考え事に集中し、自分を見つめ直したり、何かのアイディアをひらめくための良い機会にもなっていると思います。

入った後は心も体も元気になり頭もシャキッとします。

 

ところで、私はハマる前はサウナに全く興味がありませんでした。

銭湯などでサウナがあっても、あんなに熱いところに好き好んで入る人の気が知れないと思っていました。

そんな過去の私がサウナに入ってみようと思ったきっかけは、サウナをテーマにしたある漫画を読んだことです。

 

その漫画で描かれていた「ととのう」時の絵が非常に強烈に気持ちよさそうに表現されており、

「こんな感覚を自分も味わって見たい!」と思い、それまで暑苦しいとさえ思っていた

サウナに挑戦してみた結果、見事にハマってしまいました。

また、その漫画ではサウナの入り方をやさしく解説していたため、なんとなく感じていた入りづらさを

解消してくれたのも大きいと思います。

 

先ほどサウナの感覚を「言葉では言い表せない」と書きましたが、

そういった言葉にできない感覚や気持ちを他者に伝えるために効果的な手段が

グラフィックによる表現であると思います。私が漫画で感じたように、

視覚情報は時に言葉よりも強烈な印象を与えます。

 

 

私たちグラフィックデザイナーの仕事はクライアントのメッセージや魅力を

視覚的なデザインによって見た人の心に届けることです。

私がそれまで興味のなかったサウナに、漫画の絵をきっかけにハマったように、

グラフィック表現には非常に強い力があると思います。

 

これからも人の心に届き、行動を起こさせるためのデザインを追求することで

クライアントのお役に立てる仕事をしていこうと思います。

 

また自分自身も、サウナにハマる経験を経て、なんとなく興味のないものでも

食わず嫌いせずに挑戦することでその後の自分を変えるようなものに出会えると強く思いました。

これからも何事にも積極的にチャレンジして自分の世界を広げていきたいと思います。

 

サウナはあまり入ったことがないという方も、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg