[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< SUPERNATURAL(スーパーナチュラル) | main | 備えあれば憂いなし >>
銀色? 金色?

いつもリデットエンターテインメントのブログをご覧いただきありがとうございます。

カスタマーサポート事業部の大橋と申します。

 

また、この場をお借りして、日頃より弊社と関わって下さっている皆様に深謝申し上げます。

 

さて、突然ですが、皆様は500円玉の色は何色だと思いますか?

 

私は、お正月に家族みんなで集まった時に、甥っ子達(小学生)からこの質問を受けました。

ニヤニヤしながら聞いてきたので何かあるのかなと思いながら、「銀色」と答えました。

すると、得意気に「えぇ〜?金色だよ!」と言われました。

そこで知ったのが、500円玉の色は、「年代によって金と銀で分かれる」ということです。

 

「銀色(シルバー)」と答えるのは30代以上が多く、

「金色(ゴールド)」と答えるのは10代、20代が多いそうです。

 

初代500円硬貨は1982年(昭和57年)に登場し、銅75%、ニッケル25%の白銅製でしたが、自動販売機を通じて偽造、変造硬貨が使われる事件が相次ぎ、2000年(平成12年)には現在のニッケル黄銅製になりました。

 

そこで、30代以上は銀色の500円硬貨を使っていたので銀色のイメージが強く、2000年以降に生まれた10代や、物心のついた頃には金色の500円硬貨に変わっていた20代は金色のイメージが強いと考えられるそうです。

 

今更?とお思いになる方も多いと思いますが、私は甥っ子達から今回の質問を受けなければ、全く気にせず、知ることもなかったと思います。

2021年には更に新デザインになることですし・・・。

 

子供たちとの他愛もない会話ですが、見るもの、感じることが違いうからこそ学ぶ事もあると感じました。

更に、日々アンテナを広げ、様々な情報を取り入れるよう努力しようと思います。

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

大寒を過ぎ 寒さが一層厳しくなって参ります。

なにとぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg