[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< 銀色? 金色? | main | 【シロクマを想像しないで●●●●●に】 >>
備えあれば憂いなし

リデットエンターテインメントに、関わってくださっている全ての皆様、
いつも本当にありがとうございます。
SPコンサルティング事業 浅川美智代です。

最近、テレビを見ているといろいろな番組で、外来生物が多数発見され、問題になっているのが気になるようになりました。
そして最近知ったのですが、麻しん(はしか)は、現在輸入しかないそうです。
※平成27年3月27日、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が麻しんの排除状態にあることが認定。
かつては毎年春から初夏にかけて流行が見られていましたが、排除後は、海外からの輸入例と、輸入例からの感染事例のみを認める状況となっているとのこと。
つまり現在は、麻しん(はしか)になるのは海外からのきた、麻しん(はしか)となるようです。
※情報:厚生労働省サイト https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

「はしか」「大人」で調べると子供よりも大人がかかる方が重症化するとネットに出ておりました。
そして、更に検索した結果、1972(昭和47)年10月1日〜1990(平成2)年4月1日生まれの方は、定期接種としては1回しか接種していない年代であり、免疫を十分持っていない可能性があるとのこと。
これまでに合計2回の接種を受けていなければ、追加接種をお勧めすると情報がありました。

備えが必要だなと、感じましたので、病院で抗体検査の価格を聞いてきましたので、ご参考までに共有いたします。
私が聞いた病院では、下記のとおりでした。※病院により金額差があると思いますのでご注意くださいませ。
・麻しん 3,300円
・風疹  3,300円
・ムンプス(おたふくかぜ) 3,300円 
・水痘(水ぼうそう) 3,300円
・診察代 3,300円(上記何種受けても診察代が左記のようにかかる)
抗体検査を受けて、抗体がなければワクチン接種を受ける、これは各別途となります。
ネット上で調べると5,000円〜10,000円と価格差があるようでした。

2018年の訪日外国人旅行者数は3,119万人、そして2020年はさらに多くの方が日本にいらっしゃります。
※情報:国土交通省サイト http://www.mlit.go.jp/common/001294467.pdf

「備えあれば憂いなし」と、日本には素晴らしい言葉があるなと思いだしました。
全てを完璧に防げるわけではりませんが、こちらに限らず、備えることが必要だなと感じましたのでブログに書かせて頂きました。

最後までご覧頂きまして、心より感謝申し上げます。
今後とも、強烈に日々努力してまいりますので、引き続き、何卒宜しくお願い申し上げます。



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg