[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< 定期的な片付け | main | うるう年 >>
動画メディアの変化について

日頃より関わってくださるクライアント様、協力会社様、全ての皆様にこの場をお借りして感謝を申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。

 

久々のブログ執筆の機会を頂きまして、足らない文章等あるかもしれませんが、お読み頂ければ幸いです。

 

まだまだ需要が高いテレビですが、インターネット需要も年々増加しております。

 

※総務省調べ

 

年代によってはまだテレビも圧倒的なシェアがありますが、インターネット利用の方が多い年齢層もいます。

グラフからもほぼすべての年代で、ネット利用が増加するであろうと予想できます。

 

インターネットの動画といえば世界的に有名な「YouTube」があります。

YouTube(ユーチューブ)は、世界最大の動画共有サービス。

Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管(テレビ)」という意味です。

 

弊社もお客様の動画広告配信でよく利用しております。

 

テレビとは違い番組表の時間枠に沿って配信しているわけではないので、自分が見たい動画を、自分で探して見ることができるのがインターネット動画の利点です。

 

近年のYouTubeでは、芸能人の動画配信も増えており、

お笑い芸人やアイドル等、テレビで活躍する人達が続々とYouTubeの世界に参入しています。

 

テレビと比べてYouTubeは比較的自由に動画を配信することができますので、芸能人が自身の趣味等を配信したりしております。

 

テレビでは一つの番組を制作するのにかなり多くのスタッフや費用が必要です。

YouTubeですと、1人からでも制作ができます。

有名な配信者の一人、HIKAKINさんもスタート当初は1人で撮影・編集・配信していたそうです。

 

インターネットからテレビ業界へ参入した人がいる中、

「インターネットの利用者数が増加している」「個人でも参入しやすい」「番組制作の敷居が低い」

「SNSでの拡散を目的に若者の話題性」等の理由から、

テレビ業界からインターネットへ参入する「逆輸入」も着目されています。

 

 

ブログをご覧になられてる方々の好きな芸能人が、明日にもYouTubeで配信を始める事があるかもしれません。

是非情報をチェックしてみてください。

 

弊社におきましても、5秒後にスキップ出来る30秒のインストリーム広告や、手軽に動画広告を配信できる6秒のバンパー広告の制作をしており、採用してくださるお客様も増えております。誠にありがとうございます。

 

もしご興味がありましたら、各担当営業にご相談下さい。

また今後も新しい動画配信の媒体を早めに察知できるよう、常にアンテナを張って最新情報を取り入れて参ります。

 

今後ともリデットエンターテインメント株式会社を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

映像事業部

高垣



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg