[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< 筋肉にお願いだ! | main | 視点を変えてみたら何かと楽しめそうです。 >>
AI

日頃より当社に関わって頂いている皆様、いつも本当にありがとうございます。

SPコンサルティング事業部 小林です。

 

 

今回は、ここ数年よく耳にするようになった「AI」についての話題について書かせて頂きます。

様々な話題で耳にする、AIすなわち人口知能ですが、私はまだまだAIというものについては勉強不足ですのでえらそうに多くを語ることはできません。

将来的には多くの仕事がAIに取って代わられるという話も耳にします。

しかし今回取り上げさせて頂くのは、そんな不安を煽るようなものではなく、もう少し夢のある、ワクワクするようなAIの話題です。

 

AIが手塚治虫の新作漫画を描く (ITmedia 記事より

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/01/news138.html

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、AI技術を用いて故・手塚治虫先生の漫画を30年ぶりに制作しようというプロジェクトが去年発表されました。

100%のAI製ではなく、AIが制作したシナリオやデザインに人間が肉付けをしていくようです。

皆様は、この発表をどのように受け止められたでしょうか。

賛否がある企画かもしれませんし、作品の出来については全く予想もできません。

ただ私はすごくこれに興味を持ちましたし、同時にこのような段階まで技術が進んでいること、そしてAIの活用方法としてこんなアイディアもあるのかと驚き、とてもワクワクしました。

 

 

私が広告代理店の営業マンとしての仕事をさせて頂くうえでとても大事なのは、クライアント様やエンドユーザーの方々にこの私が感じたような期待感や想像を上回る驚きを提供することだと考えます。

冒頭でAIに仕事が取って代わられる未来、について触れました。

しかしそんなネガティブな考え方をするのではなく、自身がAIを上回れるように、むしろAIを味方に付けて共に歩むことで更なるエンターテインメントを提供する!そのような前向きな考え方で明るい未来をAIには期待します。

 

 

AI製の漫画は、2/27発売の「モーニング」に掲載されるとのことです。

このブログが掲載されるのは2/28で発売日の翌日!もちろんこの原稿を書いている時点では全く内容を知りません。

未来のライバル?となるAIのお手並み拝見!ということで、発売を楽しみに待ちたいと思います。



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES
  • AI (02/28)


ARCHIVES




parts_3.jpg