[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< 家にいるからこそ | main | 未来なんてどんどん変わるから >>
メッセージを送る相手は同じ人間

リデットエンターテインメントブログをご覧の皆様、こんにちは。

映像事業部の高垣です。今回3回目のブログを執筆させて頂きます。

クライアント様、協力会社様、また各関係者の方々皆様にこの場をお借りして御礼を申し上げます。

緊急事態宣言は解除されましたが、まだコロナウィルスの脅威が解決されてはおりません。

引き続き、感染しないそして感染させないの気持ちを忘れない生活を意識します。

 

 

さて、近年、誹謗中傷の文章による悲しい事件が度々報道されます。

これを受けて、Facebook Japan, Twitter Japan, ByteDance, LINEなどのネット事業者が参加する

ソーシャルメディア利用環境整備機構(SMAJ)が、名誉毀損や侮辱などを意図する投稿に関する

声明を発表しました。(Yahoo!Japan news調べ)

 

私達が子供のころは、誰かにメッセージを送るというものは手紙を書くくらいのものでしたが、

ネット環境が整っている現代では、メッセージのやり取りはメールやSNS等がほとんどです。

コロナウィルス感染予防のための自粛期間で、テレワークはじめ、より多くの人が文字による

メッセージ利用する、閲覧する機会が増えたかと思います。

 

私も仕事のメールで、強い印象を持たれてしまう文章を書いてしまうことがあります。

ついやってしまったと後から後悔することもあります。

対面して言葉を交わしていたらカバーできる会話でも、メールという環境では取り返しのつかない

言葉や状況になります。

自分では簡単な文章でも、相手にとっては深く傷ついてしまうような事があるのかもしれないと

誹謗中傷の文章に関係するニュースを見るたび気づかされます。

以前のブログで書かせていただきましたが、弊社では「いつも本当にありがとうございます」という

一文がメール等文章を利用する場面で多くやり取りされています。

弊社代表を始め、社員全員が、相手の立場で想像して、いつも感謝を忘れず、という気持ちでおります。

 

映像事業部におきましても、相手の立場でソーシャルメディアを利用する事を今一度意識し、

時代に求められる更なる活用を行ってゆきます。



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg