[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< 前進あるのみ | main | 変化から進化へ >>
災害から身を守るには

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

東京本社SPコンサルティング事業部の平田と申します。

 

日頃よりリデットエンターテインメントに関わって下さっているクライアント様、
協力会社様、全ての皆様、日々リデットエンターテインメントと私を生かして頂き

誠にありがとうございます。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 

今年は新型コロナ然り、洪水や土砂災害などの暗いニュースが連日流れておりますが、

地元が福岡の私は、特に最近は大雨による災害が気になっております。

 

7月4日に熊本の球磨川が氾濫し、7日には実家の近くも流れる筑後川が氾濫しました。

そして今日(14日)も、いまだに大雨に関するニュースは続いています。

実家は幸いにも無事でしたが、久留米に住む友人は毎年の浸水に嘆いておりました。

 

2017年から4年連続で、福岡を含む西日本は大雨による被害を受けていますが、

230人以上の死者が出た18年の西日本豪雨をスーパーコンピューターで分析したところ、

約40年間にわたって気温が上昇した影響で、総雨量が6%ほど増えたという結果が出たそうです。

 

その大雨の原因となるのが「線状降水帯」。その名前をよく聞くようになったのも、

ここ4、5年だと思います。数十年に一度の大雨が毎年になった今、Withコロナの考え方と同じように、

With水害の中で生活を守る対策を、個人的にもこれまでの常識に囚われず本気で考え直すタイミング

だと感じております。

 

人間には些事に翻弄されないよう、自然と心の平穏を保つ働きが備わっているそうで、

それを「正常性バイアス」と呼ぶそうです。しかし、大災害など未経験の事態に遭遇した場合、

この働きが過剰反応して脳が処理できなくなることがあり、自分は大丈夫!と思い込んでしまい、

逃げ遅れなどが生じるそうです。

 

一刻も早くその場を立ち去らなければならない非常事態であるにもかかわらず、“脳”の

防御作用(=正常性バイアス)によってその認識が妨げられ、結果、命の危険にさらされる。

 

冒頭で御礼申し上げた通り、有難いことに普段の生活で命の危険にさらされることは

現状ありませんが、災害の時に自分の命を守れるのは唯一自分だけなので、自戒の意味も込め、

あえて「自分はいつ死んでもおかしくない!」と思って、前向きに過ごして参りたいと思います。

 

どうか皆様も何かと大変な時期ではございますが、ご自愛、ご用心くださいませ。

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

次回の執筆の機会まで皆様のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

今後ともリデットエンターテインメントを宜しくお願い申し上げます。



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg