[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


<< B級スポット | main | 今年の夏 >>
ルーズな私と時間マネジメント

リデットエンターテインメントのブログをご覧頂きありがとうございます。

東京本社クリエイティブ統括部の阿久津です。

 

日頃よりリデットエンターテインメントに関わって下さっているクライアント様、協力会社様、全ての皆様、

誠にありがとうございます。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 

早いもので、入社5年目を迎えました。

仕事を必死に覚えた1〜2年目、後輩を直接指導する機会を頂いた、3〜4年目。そして、節目である5年目を

迎える事が出来ました。

 

弊社でもリモートワークを採用しました。出社せず仕事をするのももう、3ヶ月経ちました。始まる前は

やはり、気になるのはネット環境!

でしたが個人の家に通っているものに依存するので時々、ヤキモキしますが概ね通常通りに作業しています。

では、何が大変かといいますと、リモートワーク最大の敵は時間感覚です。

 

通勤時間がなくなってゆとりが出来る、単純にリモートワークで出来る範囲が狭まる分作業時間が減るなど

色々想像はしていましたが、実際始まると通勤時間が無くなる分、作業時間に当ててしまっていて、時間配分

がなあなあになってしまっていました。

1つの制作物に対する作業時間が無駄に長くなってしまうのは出社して作業をしてた時から、課題ではあり

したがより優先して改善しなければならない項目にランクアップです。

 

そして、外に出るというスタートと会社を出るというゴールがスイッチの切り替えであった為、それが無く

なり曜日感覚が無くなるのも早く、尚更時間に対して厳しく見なければならないと実感いたしました。

原因として、上記の2つが大きな要因と考えました。

実際、ネットで調べてみても同じ状態になってしまってる方が多いようです。

 

 

そこで、改めて自分の作業ペースとかかる時間を見直し細か目に時間を区切る事にしました。

と言っても、ギチギチに詰めるのではなく細かく達成しやすい目標をたてていくようにします。

ポスターのメインのロゴは15分で作りきるのような。

上手くいくとモチベーションが上がるうえに、自分の作業ペースを把握しやすいと感じました。

これで大事なのは過ぎたからと焦らないことです。これはあくまで客観的にペースを把握する程度の方が

いいと感じました。

 

そして、1つの制作物が出来上がったら無理にでも時計を見るようにします。ノリにのってると一気に作業

をしていきたくなるのですが、視野が狭まってしまうのと、時間の調整がし辛いからです。集中するのは

いいことなのですが、だからといって時間が短縮されるわけでもなくアイテムによるベストな作業時間に

なるわけではないからです。

 

 

2のスイッチを切り替える習慣は、朝必ず出社用の服に着替える事、お昼ご飯、お夕飯などの休憩時間と

終わりの時間にキッチリパソコンから離れる動作を入れることが区切りが付きやすくなると実感しました。

実家にいるので人の動きでも区切りが付きやすいのは、有り難いことでした。

 

私は、離れる動作として仕事が終わったら出来る限りストレッチの時間を作るようにしています。

運動不足も解消です!(リモートワーク始めて半月で太ったので!!!)

上記のやり方は結構時間に追われやすく感じるとは思うのですが、追われないとなかなかやらないルーズな

私にとって習慣を把握するのになかなかうまくできたのでは!!と思っていたりします。

絶対これが効くというやり方があるわけではありませんが、改めて時間の使い方を考えさせられました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今後ともリデットエンターテインメントを宜しくお願いします。



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg