[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


プランニング

リデットエンターテインメントのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

クリエイティブ統括部の本多と申します。

 

この場を借りまして日頃よりお世話になっております、クライアント様、並びに協力会社様、

関わってくださる全ての皆様に感謝を申し上げます。

 

 

弊社では一人一人がそれぞれのプランニングを設定し仕事に取り組んでおります。

皆様【ライフキャリアプラン】と言う言葉をご存知でしょうか。

言葉通りではありますがライフ(生活)とキャリア(仕事)の目標に対してプランニングを

行い、将来の「理想の自分」について考えることです。

 

プランニングすることによりゴールを決めることで様々なメリットも生まれます。

ゴールを決めることで結果が生まれる。

目標があることによってモチベーションに繋がる。

計画を立てることで効率的手段が生まれる。

 

 

この方法はリデットエンターテインメントに入社しまず一番に教えていただいたことです。

実行する事で数々の目標を私は達成する事ができました。

 

達成すればまた生まれる「目標」ではありますがこれからもプランニングを大切に

明るく楽しく実行し関わる皆様のお力になれるよう自分の【ライフキャリアプラン】を

しっかりと見定めて参ります。

 

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

今後とも何卒宜しく申し上げます。



時間

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様こんにちは。

クリエイティブ統括部の土橋です。

 

日頃より関わってくださるクライアント様、協力会社様、

全ての皆様にこの場をお借りして感謝を申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。

 

 

2020年になり12月もあっという間に過ぎ、気づけば3月。

私事ではありますが、娘が3月で幼稚園を卒園致します。

ついこの間、通い出したと思えば、もう3年経過し卒園。4月からは小学生。

 

時が経つのは早いもので、

子供の頃は長く感じた1年も今は早く感じます。

 

なぜ子供の頃は長く感じた1年(時間)が早く感じるのか?

皆様もそう思った事はないでしょうか?

 

私なりに調べてみました。

 

 

子供の頃は『新しい体験』が多く時間あたりの情報密度が高いため長く感じ、

逆に大人は、それまでの過程で様々な経験を積んでいて

『新しい体験』がほどんどなく、時間が単調に過ぎるからだそうです。

 

この時間の感じ方を『知覚時間差異』と言い、

意味は

・物事を知って覚えることに時間差がある

・時刻を知って時間経過の感覚を認識する

ということです。

 

某教授のお話によると

「初体験の事柄は、時間を長く感じさせる効果があり、同じ体験をしていても、

それが初めてかどうかで、時間の感じ方が変わってくる。」そうです。

つまり多くの出来事を体験したと感じるかどうかによって

時間の長さの感じ方に差が出るということです。

 

確かに、大人は新しく体験したと感じることは少なく、

子供は新しい体験を感じることが多いので

時間あたりの情報密度が高くなるわけですね。

 

また時間の流れ(経過)に意識が行くと長く感じるそうです。

例えば、楽しみにしている事があった時に早くその日が来ないかなと

待ち遠しく思うような時です。

 

他にも加齢によって動きが鈍くなると時間経過が早く感じることもあるようです。

 

突き詰めて行くと、

・時間を意識するかしないか

・新しい体験が多くあるかないか

に集約できる気がします。

 

 

何もしなければ本当にあっという間に時間は過ぎてしまいます。

時間を意識し、新しい体験やチャレンジをしていきたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

これからも引き続き、リデットエンターテインメントを何卒宜しくお願い致します。



視点を変えてみたら何かと楽しめそうです。

日頃より関わってくださるクライアント様、協力会社様、全ての皆様にこの場をお借りして感謝を申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。

 

大変お世話になっております。クリエイティブ統括部の久我でございます。

久々のブログ執筆の機会を頂き、拙い面もあるかと存じますが最後までお目通し頂けますと幸いです。

 

 

20187月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、202041日より全面施行されます。

それに伴いまして弊社にも分煙関連のお問合せも増えてきているように感じます。

私自身も喫煙者でありますので他人事ではなく、

法施行に先立って喫煙席のなくなっている飲食店なども実際に増え少し寂しく感じています。

 

 

ただ、タバコが吸えなくなるというのもデメリットだけではないなと思います。

これまで喫煙席があるというだけでお店選びをしていた面もありましたが、

どうせなら他のお店も見に行ってみようと行動するようになったりしています。

 

本来の法改正の趣旨である健康面や副流煙の話とは異なりますが、

個人的には視野が広がった、選択肢が増えたと思います。

ネガティブな面だけに目を向けると苦しくなりますが、視点を変えてみると

色々な機会と巡り会える・楽しめるチャンスがあるなと思います。

 

 

某パチンコホール様の調査ではパチンコに行かなくなった理由にタバコの煙を理由に

挙げているユーザーが全体の11.7%いたというアンケート結果がありました。

これは離れていってしまったユーザーが1,000人いたら117人も再びお店にきて頂く可能性があるということです。

誰に向けた誰の為の販促なのかここまで明確にはっきりセグメントができているというのは大きなチャンスだと思います。

 

 

弊社でも分煙に向けた設備・施策・プロモーションの企画などご用意しておりますので

お気軽にご相談頂ければ幸いに存じます。

 

最後までご覧頂き、誠にありがとうございます。

今後ともリデットエンターテインメントを何卒宜しくお願い申し上げます。



AI

日頃より当社に関わって頂いている皆様、いつも本当にありがとうございます。

SPコンサルティング事業部 小林です。

 

 

今回は、ここ数年よく耳にするようになった「AI」についての話題について書かせて頂きます。

様々な話題で耳にする、AIすなわち人口知能ですが、私はまだまだAIというものについては勉強不足ですのでえらそうに多くを語ることはできません。

将来的には多くの仕事がAIに取って代わられるという話も耳にします。

しかし今回取り上げさせて頂くのは、そんな不安を煽るようなものではなく、もう少し夢のある、ワクワクするようなAIの話題です。

 

AIが手塚治虫の新作漫画を描く (ITmedia 記事より

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/01/news138.html

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、AI技術を用いて故・手塚治虫先生の漫画を30年ぶりに制作しようというプロジェクトが去年発表されました。

100%のAI製ではなく、AIが制作したシナリオやデザインに人間が肉付けをしていくようです。

皆様は、この発表をどのように受け止められたでしょうか。

賛否がある企画かもしれませんし、作品の出来については全く予想もできません。

ただ私はすごくこれに興味を持ちましたし、同時にこのような段階まで技術が進んでいること、そしてAIの活用方法としてこんなアイディアもあるのかと驚き、とてもワクワクしました。

 

 

私が広告代理店の営業マンとしての仕事をさせて頂くうえでとても大事なのは、クライアント様やエンドユーザーの方々にこの私が感じたような期待感や想像を上回る驚きを提供することだと考えます。

冒頭でAIに仕事が取って代わられる未来、について触れました。

しかしそんなネガティブな考え方をするのではなく、自身がAIを上回れるように、むしろAIを味方に付けて共に歩むことで更なるエンターテインメントを提供する!そのような前向きな考え方で明るい未来をAIには期待します。

 

 

AI製の漫画は、2/27発売の「モーニング」に掲載されるとのことです。

このブログが掲載されるのは2/28で発売日の翌日!もちろんこの原稿を書いている時点では全く内容を知りません。

未来のライバル?となるAIのお手並み拝見!ということで、発売を楽しみに待ちたいと思います。



筋肉にお願いだ!

いつもリデットエンターテインメントのブログをご覧頂きありがとうございます。


日頃より関わってくださる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。
クリエイティブ統括部の前野です。

 

 

デザイナーとして仕事をしていると運動不足を痛感する事があります。
電車の乗り継ぎのタイミングで少し走った程度で息があがっている自分に気づいた時、これはいけないと思いました。(駆け込み乗車はお止めください)

 

すると2019年に筋トレコメディなるアニメが放送され、アニメ内で簡単にできる筋トレを面白く解説しながら紹介しており、これなら私にもできるのではないかと少しずつ筋トレを始めてみました。


無理せず継続してやる事を目標にたて、週3回(腕立て、スクワット、プランク)20回×3セットに取り組みました。1ヶ月が過ぎた頃には目標回数をこなしてもさほど疲れを感じなくなり回数を増やす事で筋肉を追い込んでみました。

 

 

ここ数年でNHKの筋肉体操など家でできる筋トレが注目され、いざ実践してみると中々キツいものがありましたが、アニメの方では初心者用に改良していたり、週を追うごとに筋トレのバリエーションも増え楽しく継続できました。


また、筋トレをしていると自分が何を食べているかにも意識を向けはじめるようになり、カロリーを計算するようになり食生活の改善にもつながりました。
好きなものを好きな時に好きなだけ食べる事は幸せです。


ただここまで筋トレしてきて台無ししてしまいたくなかったため間食のチョコを食べたくても我慢。もし食べても家でしっかり筋トレしよう!と乗りきり、その回あってか昨年末の健康診断では前年と比べて体重も落とせて良い結果を得る事ができました。

 

 

健康的な生活を送るため軽い気持ちで始めた筋トレでしたが、効果を実感できた事は非常にやりがいを感じ今後も継続していきたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg