[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


時代の変化に合わせて

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。
静岡営業所 クリエイティブ統括部の古賀です。

日頃より関わりを頂いているクライアント様、協力会社様、
全ての皆様にまずこの場をお借りして感謝を申し上げます。

 

今年もまた梅雨の季節がやってきましたね。

私は雨の休日は映画を観る事が多いです。

 

先日は「アラジン」を観てきました。

話題作となっているだけあって、とても面白かったです!

ディズニーの実写化作品は毎回映像がとても美しく、観ているだけでも楽しくなってきますよね。

ストーリーとしては基本アニメ版に忠実でしたが、

実写版ではプリンセス、ジャスミンの自立性がより強く描写されていて、ジェンダー描写の変化が感じられました。

アニメ版ももちろん好きですが、元の魅力はそのまま生かし、

時代の変化に合わせてストーリーをより現代的に生まれ変わらせているのはさすがディズニーだな・・・!と思いました。

 

私も常に時代の変化を読み取り、それをデザインに生かしクライアント様へ貢献していきたいと思います。

 

 

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
今後とも何卒宜しくお願い致します。



選挙とネット広報

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

人材育成室の上島です。

日頃よりご愛顧頂いておりますクライアント様、協力会社様、

そして関わる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

前回お伝えした、NOAHのツイッターでネット広報に興味を持った私は

4月に行われた統一地方選挙の際にどのようにネット広報が使われたのかを調べました。

 

私の住んでいる地区の議会議員選挙では、36議席に対して応募が51人。

このうちで何らかのネット広報をされていた方が45人で、使用媒体と考えられる効果は下記です。

 

 

媒体の組み合わせで一番多かったのが、

WEBサイト+TWITTER+FACEBOOK+ブログでした。

 

一番票を集めていた方は、サイトが見やすく洗練されているのはもちろんのこと、

SNSの使い方が上手で、畏まった内容から親しみやすい内容まで取り揃え、

多くの世代に向け、欲しい情報(どんな人か)が上手に提供されていました。

youtubeを使って、地域に対する想いを歌にし地域の方がエキストラで多数出演している

プロモーションムービーが印象的でした。

 

アナログのポスター、街頭演説、ビラ、新聞広告は候補者を知るきっかけとして、

現在でも大きな影響力を感じました。しかし、候補者の伝えたい事は伝えられますが、

投票する側が知りたい「普段はどんな人か」は分かりません。

SNSで日々の行動や考えを発信する事は、人柄がよく伝わり、

小さな共感が積み上がり信頼につながると考えられます。

 

私は候補者について、これから何をやるかだけでなく何をやってきた人なのかも知りたいです。

今回調べた結果、このようなニーズにネット広報は非常に相性が良い事にあらためて気づくとともに、

候補者について多くの事を知ることができる状況は、以前より選挙を身近に感じさてくれました。

 

最後までご覧頂き有り難うございました。

 

今後ともリデットエンターテインメントを

何卒宜しくお願い致します。

 



気持ちの継続=努力の継続

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

本社カスタマーサポート事業部の中島です。

 

日頃より関わりいただいているお客様、協力会社様、

関わる全ての方たちにこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 

私の趣味のひとつに読書があるのですが、

継続して読んでいたあるシリーズの本が

遂に新刊を出すとのことで発売日の情報が出た

三か月前は買ったらすぐに読もう!と考えておりました。

しかし実際に発売された当日本を買ったはいいものも、

その本は今も全然手を付けていない状態です。

その本の購入後にかなり前から出ていた漫画や小説の方を

先に読み終えてしまいました。

 

私と同じように読書が趣味の方はお分かりになるかもしれませんが

こうしたことはあまり珍しくありません。

そのシリーズの本に飽きてしまったのです。

新刊の情報が出てから読みたい!という気持ちが

継続できずに下がって他の本に目移りしてしまったからです。

 

どんなことにも言えますが継続するのはなかなか難しいことです。

特に苦しいだけで続けることを止めないのは一種の才能だと思っております。

好きだから・やりたいから・進めたいことに繋がるからと、

前向きな理由がなければ未熟な私では続けることができません。

 

そんな私がこうしてリデットエンターテインメントで三年続けて働けているのは、

当社が働く日々の中で常に刺激を受け、新しいことへ挑戦ができる環境だからです。

成長できたことに喜び、失敗には原因を探り、今に甘んじることなく、

日々進化成長を目指し進んでいけるよう今後も努めて参ります。

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



勝負手

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

クリエイティブ統括部の野崎です。

日頃よりご愛顧頂いておりますクライアント様、協力会社様、

そして関わる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

私は将棋にはあまり興味がなかったのですが

史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太七段の活躍がきっかけでよく観るようになりました。

将棋を指す方ではなく観るのが専門であり、いわゆる“観る将”ってやつです。

 

初めの頃は藤井君が目当てだったのですが、

2日間かけての長丁場、または持ち時間を使い切り

次の一手を1分以内で指さなければならない切迫した状況だったりと

極限状態の一手一手にはさまざまなドラマが生まれ、

気が付いたら引き込まれていました。

 

将棋を観ていく中で

将棋とAIが密接な関係であることも知りました。

 

将棋中継を観ていると、リアルタイムでどちらが有利か不利かの

形勢判断を数値で表す場合があります。

この数値は膨大な過去の対局データから将棋ソフトのAIが分析して表示しています。

さらに、以前はプロ棋士vs将棋ソフトの大会も度々行われてきました。

(現在は当時の名人が将棋ソフトに連敗してからは行われていません。)

 

最近の将棋界ではAIの進化と共に

プロ棋士の将棋研究にも変化が起きています。

今までは人間対AIという対立構造で捉えていたのが

AIならではの発想やアイデアを学び、人間なりに理解して

吸収していこうという流れになりつつあります。

ちなみに藤井君も現在の名人もAIを将棋の研究に取り入れていると言われています。

 

しかし、実戦でAIが出した答えの通りに指せば

勝てるかというとそうではないそうです。

実際には人間対人間の勝負なので意外性や意表を突いたりと

初めて見る局面もたくさん出てくるので

そこでは人間の感性や知識、経験で対処しなければなりません。

AI=正しいと思いがちですが、万能ではないのです。

 

AIと人間が今後どのように付き合って行くべきか

もしかしたら将棋界にはヒントが隠されているかもしれませんね。

 

私もお客様の収益に繋がる「勝負手」を打てるように

AIの良さを学び、過信せず、人間だからこそできる部分を磨こうと思いました。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

今後とも何卒宜しくお願い致します。



熱中症から人々を救え・・・!?

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

SPコンサルティング事業部の宮本と申します。

クライアント様、協力会社様、そして全ての関わる皆様にこの場をお借りして

感謝を申し上げます。

 

さて、今期2回目の執筆となりますが、しばれるような寒さの冬もいつの間にか終わり、梅雨を経て

季節は夏になろうとしています。

先月は、5月ながら30℃以上の真夏日もありましたね。今年の夏はエルニーニョ現象の予想が出ており

昨年ほどの暑さにはならないとも言われておりますが、気は緩めません。

 

高気温の時期で恐ろしいのが熱中症です。

水分の失い度合いによっては日陰や室内でも起こり得ます。

予防のためにはまず水分、塩分、そして十分な睡眠をとりましょう。

 

 

それでも、特に高齢者の熱中症は毎年のように報道されています。

気温への順応力が落ちており、室内でも熱中症にかかるケースが多いからだと言われております。

総合広告代理店として、我々に出来る事はないだろうか・・・・

もし、そんな方に、少しでもパチンコホールを利用していただけたら・・・

 

最近では漫画コーナーや、大型モニター、ウォーターサーバーを設置しているような快適なホールも多くなっています。

自宅のエアコンが調子悪くてもそのまま使っている・・・、そういった方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に少しでも涼しく快適で、安全な休憩スペースとして

是非ホールを利用していただきたいと願っております。

休憩スペースの充実といった、新たなパチンコホールの魅力を伝えることで、我々も悩める業界を救え、

さらには助けられる命まであるかもしれません・・・!

 

世の中の動向を注視して、広い視野でお客様のお困り事を見つけ、解決する、

そんなビジネスマンとして日々強烈な努力を惜しまず励んでまいります!

 

 

最後まで目を通して頂きまして、誠にありがとうございます。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。



CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg