[2007.11〜2018.09]エス・ピー広告 ブログ
[2018.10〜]リデットエンターテインメント ブログ

リデットエンターテインメント社員の、楽しい日常や心の叫びを綴るブログです。


身体と健康

弊社ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。 
クライアント様、協力会社様、リデットエンターテインメントに関わってくださる全ての皆様へ

この場をお借りしまして心より御礼申し上げます。

 

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。総務部の由本です。
 

コロナ禍でリモートワークが社会に浸透しつつあり、働き方改革もより一層考えさせられる昨今

ではございますが、リデットエンターテインメントは、進化成長と共に、日々邁進しております。

 

さて、今回のお題は私事ではございますが、【身体と健康】です。

 

今年で48歳になりますが、40歳になる頃から会社の健康診断で、血圧が高めといわれ始め上が

200近い状態で、日々過ごしておりましたが、3年目のある日突然、呼吸困難になり、病院に行

くと、すぐに入院と・・・。

 

私の身体、高血圧でも体調不良を感じない体質のようで、全く意識していなかったのですが、

ある日突然その反動がくるという。カテーテル手術をして、心臓検査等々、2週間くらい入院

したでしょうか。

 

それから、薬を飲み、血圧、血糖などは安定していると思ったのですが、5年後の今年、またも、

呼吸困難に陥り、今回は、救急車を呼ぶことになりました。意識もなく、1日病院で過ごし、

朦朧とする中、腎臓が機能していないと告知を受け、訳も分からず書面にサインし、透析準備は

淡々と進められていきました。

 

どうも、腎臓機能がうまく作用してないことで、血中の酸素?が酸性に傾き、過呼吸で、呼吸

困難になったとのこと。

 

そこから一か月余り入院し、社会生活に戻っても、透析していくよう、腕の血管をつなげる

シャントという手術を受け、この歳で中々の大病をしているなと感じました。

 

週3回の透析を受けていれば、食生活は改善していかなければならないものの、通常の生活に

支障はなく、日々しっかり生活していけます。

 

唐突ですが、皆さん「厄年」ってご存知でしょう?男性は42歳、女性は33歳が大厄・本厄と

言われています。「厄」は「役」でもあり、重責を担う年齢の転機で、それにより、体調の

変化をもたらすともいわれているようです。(諸説あり)

また、「厄年」は推測の域を抜けませんが、その前後に「前厄」「後厄」とあり、男性は

「大厄・本厄」の年齢は、40年余り生きてきた疲れの時期?とかなんとか。

※Wikipedia他、参考

 

そう考えると、40歳頃から体調の変化、身体が信号を出していたのを無視した私の過失、そして、

来年49歳になる年も、男性の厄年(後厄)になるようで、その前厄として、今回の入院にまでなる

事態を招いたのも私の過失。

 

健康ってとっても重要なのだと、ものすごく思い知らされた一件でした。

 

皆さんもこの先何十年と仕事をされるでしょう、1日1日を大切に過ごすことはとても大事ですが、

合わせてご自身の健康も大切にするようにして頂ければ、関わる全ての人と幸せに仕事をしていく

ことができると感じています。

 

体調不良や、身体から発信される信号としっかり向き合い、早めの対策をすることが、とても

重要だと身をもって知らされました。

 

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。

引き続きリデットエンターテインメント株式会社を何卒宜しくお願い申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。

 

 

【LIDET NEWS】

さてこの度、リデットエンターテインメントでは、エンターテインメント事業として、

新たにプロレス団体を立ち上げました!

ノア・グローバルエンターテインメント(以下NOAH)の親会社としてこれまで邁進してきた

時期もございましたが、NOAHの次なるステップへ進む大役を果たし、見事に送り出した

リデットエンターテインメントでございます。新たなエンターテインメント事業として今度は

新団体として【GLEAT】を立ち上げ、さらなる進化成長と、発展の為邁進してまいります。

GLEATに関してはこちらをご覧ください。
https://ent.lidet.co.jp/gleat/

 

新たな事業が手始めに10月15日(木)

後楽園ホールにて

「GLEAT Ver.0」を開催いたします。

 

その頃にはコロナ禍も収まっていることを願いつつ、大成功を祈願し、邁進してまいります。

 

皆様も、ご興味がございましたら是非、足をお運びいただけますと幸甚です。

 

10.15(木) 後楽園ホール

https://ent.lidet.co.jp/news/detail.php?id=419

 

「GLEAT Ver.0」 全対戦カード
https://ent.lidet.co.jp/news/detail.php?id=425

 

チケットをご購入前に必ずご確認下さい。

https://ent.lidet.co.jp/news/detail.php?id=417

 

 

◆リデットエンターテインメントホームページ

https://lidet.co.jp/

 

エンターテインメント事業

https://ent.lidet.co.jp/

 

◆リデットエンターテインメントブログ

http://blog.lidet.co.jp/

 

◆Facebookページ

https://www.facebook.com/LIDETENTERTAINMENT/



RTA in Japan Online

リデットエンターテインメントのブログをご覧頂きありがとうございます。

日頃より関わってくださる全ての皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

いつもお世話になります。クリエイティブ統括部の村田です。

 

少し前のお話になるのですが私のお盆休み中のお話をさせていただこうかと思います。

猛暑が続いたことと新型コロナウィルスのこともあり、外出を極力控えた生活をしていた中で、

RTA in Japan Onlineという動画配信に夢中になっていました。

 

皆様はRTAという言葉をご存知でしょうか?

RTAとは、「リアルタイムアタック」の略であり、ゲームを最初からプレイして実時間でどれだけ早くクリアできるのかを競う遊び方で、どんなルートを通るのか、どんなショートカットや裏技を使うのか等プレイヤーの技術力も垣間見れる面白いものです。

 

今回の配信ではオープニング種目のゲームの時点でリアルタイム視聴者数は1万2000人を超えており、配信で得た収益を新型コロナ対策活動団体に寄附するとの発表も重なって今まで見てきた動画配信の中でも最高の盛り上がりを見せていたと思います。

 

もともとはアメリカで行われているGames Done Quickというイベントを参考にしており、日本でも似たようなイベントを開くことができないかという思いから始まったそうです。

eスポーツとはまだなじみが深くない日本でも一度見たらはまってしまった!なんて方も少なからずいると思います。

今回アーカイブとして残っているそうですので興味を持たれましたらぜひチェックしてみてください。

以下RTA in Japanの公式HPを記載させていただきます。

 

https://rtain.jp/

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

今後とも、リデットエンターテインメントをよろしくお願い申し上げます。



あの瞬間を超える

リデットエンターテインメントのブログをご覧の皆様、こんにちは。

この場をお借りしまして、日頃よりお世話になっておりますクライアント様、

並びに協力会社様、そして関わってくださるすべての皆様に感謝を申し上げます。

 

エンターテインメント事業部の盛本と申します。

 

今回初めてブログを執筆させていただきます。

 

エンターテインメント…

 

意味を調べると人々を楽しませる娯楽を指す。 楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き、レジャーなどが

類語とされる。という風に出てきます。

 

私自身これまでに、仕事としてもプライベートとしても数多くのエンターテインメントに触れてきました。

私が今関わらせていただいている当社で立ち上げたGLEAT(グレイト)を始めとしたプロレス。

それから音楽・映画・アート・スポーツ。

 

その中で今回は私が今までで一番感動したエンターテインメントをご紹介させていただければと思います。

それは2003年に行われた大型ロックフェス『SUMMER SONIC』の東京公演で行われた、RADIOHEAD(レディオヘッド)

というアーティストのライブです。

このライブは日本だけではなく、世界的にも伝説のライブの一つと言われているので、音楽好きな方はご存じかも

しれません。

私は幸運にも、このライブを生で観ることが出来ました。

 

この時のRADIOHEADは既に世界的ロックバンドになっており、SUMMER SONICのヘッドライナー(大トリ)での出演でした。

私自身は実は当時はRADIOHEADの事が大好きというわけではなく、『大トリだし折角だから観てみよう』という程度でした。

ただライブが始まると、RADIOHEADから発せられるエネルギーと観客のエネルギーの一体感が素晴らしかったんです。

演者が素晴らしい、観客の雰囲気が素晴らしい。どちらか一方では作り出せない空気間が、この時の会場にはありました。

演者も観客も、その音楽の一瞬一瞬のすべてに集中している。

そして最後には当時RADIOHEADが演奏をすることを止めていた代表曲「Creep」を感謝を込めてサプライズで7年ぶりに演奏。

あまりの素晴らしい空間にRADIOHEADのファンでもないのに、私は自然と涙が出ていました。

エンタテインメントとはその場にいるすべての人によって創り上げられるものだ。

分かっていたつもりでしたが、それを強く認識した瞬間でもありました。

 

「いつかこの空間を超えるエンターテインメントを自分でも手掛けたい」

それ以降の私の目標の一つです。

私は今幸運にもエンタテインメント事業に関わることが出来ています。

 

GLEAT(グレイト)この事業を通して、すべての皆さまが熱狂と心酔できるリングを創り、あの時のRADIOHEADを超える空間を

創り上げていきたいと思っております。

 

皆様も是非ともGLEAT(グレイト)のこれからにご期待ください。

 

最後までお読み頂きまして誠に有難うございました。

今後ともリデットエンターテインメントを宜しくお願い申し上げます。



困難が文明を生む

リデットエンターテインメントのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
クリエイティブ統括部 デザイナーの西本と申します。
 
また、日頃よりお世話になっておりますクライアント様、協力会社様、
関わる全ての皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

皆様は「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」

という本をご存知でしょうか。

 

私は本屋の売れ筋コーナーでたまたまこの本に出会いました。

 

こういった本などを通じて歴史の知識に触れるたび、

歴史は繰り返すのだなぁとしみじみ感じます。

 

例えばこの本で特に印象的だった内容は、

「文明は困難があってこそ発展していく」ということです。

 

これは、文明が河川流域で発展した背景・過程を

解説している章から読み取ることができます。

 

川辺の土壌は養分を含み耕作に適しているなどの理由から、

人々は河川流域で生活するようになり、すると水路の問題や運搬の問題なども生まれるのですが、

そういったあらゆる問題の解決を繰り返すことで、文明が発展していったそうです。

 

 

そして現代でも今まさに、コロナ禍という困難の中で、

私たちは文明の発展を遂げている最中なのではないかと感じます。

 

リモートワークの実施だけを例に挙げても、会社は新たな技術を導入し、

かつては考えられなかった働き方ができるようになっています。

 

新型コロナウイルスの影響は多方面かつ多様におよび、一概に言及することは難しいですが、

困難とは悲観的に捉えるものではなく、

解決の糸口を見つけることでより進化・成長していけるものであり、

前向きに捉えていくべきものではないかと思えます。

 

 

このような情勢はまだまだしばらく続くと思われますが、

皆様が健康で前向きな気持ちで生活できることを心から願います。



集中力の向上

弊社ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

日頃よりリデットエンターテイメントに関わってくださる、全ての方々に厚く御礼申し上げます。

 

ブログをご覧の皆様に様、こんにちは。

福岡営業所、クリエイティブ統括部の廣岡です。

 

 

弊社で私は現在リモートワークでの就業をしております。以前は、出社しての勤務だった為

リモートワークになった直後は環境が変わったこともありなかなか集中することが上手くいきませんでした。

 

そこで私は集中力の高め方について知りたいと思い調べました。調べた中で特に印象に残ったものについて

今回ご紹介したいと思います。

 

まず環境を整える、やるべきことを明確にする、または絞る等は想像していたのですが私が驚いたのは、

身体に強い刺激を受けると緊急時と身体が判断し集中力が増すということでした。

 

具体的に何をすると良いかと言いますと、動機がするくらいの軽い運動をすることや、身体の温度と

温度差の大きい熱いお湯や冷たい水に触れること、深呼吸をすることなど、意外と簡単なことでした。

 

人の集中とは意外にも短いもので長くても90分継続が限界というのが定説だそうです。

 

集中が途切れた際は上記のようなことをやってみては

如何でしょうか。

 

 

引き続きリデットエンターテイメントをよろしくお願いいたします。

ブログを最後までご覧頂きありがとうございました。



CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SELECTED ENTRIES


ARCHIVES




parts_3.jpg